IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

名実ともにクラシック。

ひょんなことからiPodを買い換えることになったんですが、選んだのは今さらながらのclassicでした。

いいですよ、classic。当たり前ですけど、大容量の安心感があります。
ちっさい画面ですが動画も観れますし、ちょっと厚めのボディも「電化製品を買った」という実感があっていいです。まぁ、何を入れたんだかローカルのiTunesフォルダが40GBもあったんで、実際のところ先のことを考えると選択肢はこれしかなかったんですが。その割にいい買い物だったと思います。

気になるのは、ホイールの反応が悪い(若干力を入れないといけない)のと、ボリュームを最小にしてもなお音が聞こえるというところでしょうか。どっちにしてもそれほど日常的に困るレベルではないですし、それを分かってか、Appleもここまで改善する気はなかったようです(笑)。

classicは遅かれ早かれラインナップから消えていきそうですし、古き良きiPodのデザインを所有できるのも今やこれだけ。そこに価値を感じるオッサンにはちょうどいい選択なのです。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:日々の暮らし

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です