IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

まんじりともしないおはぎ。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

一週除いて、おはぎ三連発★

おはぎは水替えが大嫌い。しかも、水替え中の避難先のプールでは動き回る二匹に翻弄されるので、さらに気が滅入るのです。

そこでこのごろは、おはぎだけ別の場所に避難させています。時には小さい方のプールに入れたり、あるいは奥さんの膝の上で過ごさせたり。

ただ今日は、小さい方のプールは別の用途に使っているし、奥さんも水替え作業で大忙し。そこで仕方なく、おはぎだけソファの上に置いておきました。元々、プールの中でもじっとしていて動こうとしないので、ソファの上でも大丈夫かなと思ったわけです。

結果、おはぎは全く動きません。僕らも心配して何度か様子を見るんですが、いつ見ても同じ姿勢。警戒態勢MAXです。水替えの間の30分ほど、おはぎはピクリとも動きませんでした。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」と「あずき」

ちなみに他の二匹は元気いっぱい。退屈しのぎにとプールの中に入れてあげた障害物を思い思いに動かして、縦横無尽に動き回っていました。おはぎと比べて、この違いよう。

一人で勝手にシンドくなってるおはぎは、なんとも不憫。そのうえヤキモチ焼きな一面も見せたりするもんだから、どうにも甘やかしてしまうのです。ある意味、この子が一番トクしてるんでしょうね。

 

子どもって、どこまで甘えさせればいいの?
子どもって、どこまで甘えさせればいいの?
いつかは厳しい姿勢で冬眠させることになる日も来るかも……。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

“まんじりともしないおはぎ。” への4件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます♪(^o^)/
    おはぎさん、手足首、見事にしまってしっかりガードしていますねぇ。じっと我慢の子、という感じが何ともけなげです。
    ウチは水替え中は大きめの洗面器にぬるま湯をはって待機してもらっていますが、1時間近くその中でまるでランニングマシーンに乗っているかのように一つところで泳いでいます。
    あわよくば、そこで○んこも済ませていただこうというワケです(笑)
    水替えは、飼い主にとってもカメにとっても常に踏ん張りどころです…。

    • iha124 より:

      おはぎは、下の子が来てからあまり動かなくなったように思います。
      もういちど一匹の環境に慣れさせて、安心してくれたらなぁと思ってますが……、
      どうなんでしょう(汗)。

      水が変わると決まってう○こする、というのはありますよね(笑)。
      ウチはプールに水を張ってないので、何度かう○こされて難儀しました。
      水の中ではなく、空気中に放たれたう○この生々しい匂いは、なかなかクるものがあります……。

      • すみこ より:

        おはようございます♪
        とかく一番上の子は、おっとりしているように見えて、神経質な面を持ってしまうようですね。
        おはぎさんもまだ3才、これからまだまだ性格は変わって行くとも思われますが(^-^)
        カメの○んこ、そういえば一度も空気中で嗅いだことがありませんでした。肉食ですから確かにキそうですね(笑)
        最近になって、エビよりレプトミンより、カメプロスに好みが移行しているモジーです(笑)

        • iha124 より:

          そうですね、おはぎもまだ3歳だし、これから性格も成長していってくれるかもしれません。
          少しだけ期待して、根気よく接していこうと思います(笑)。

          ウチの子たちもモジーさんみたいにカメブロス食べてくれたらなぁ……。
          あっちの方が安いし、レプトミンよりカロリーも低いんですけどねぇ。
          よもぎがレプトミンを食べなくなった時に改めて買って食べさせたんですが、結局食べず。
          他の子も当然食べずで、無駄になってしまいました。ただ、我が家に迎えるまでの
          飼育環境とかが影響してるんでしょうけど、食の好みがあるのは面白いですね。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です