IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

雨上がりの節分祭。

140202setsubun

壬生寺の節分祭に行ってきました。もう15年も近隣に住んでいながら、訪れたのはこれが初めて。

初詣には下賀茂神社に行っているので、あんまり浮気するのもどうかという思いから、今日はあくまでもお祭りの雰囲気を楽しむ目的でした。そのため恥ずかしながら予備知識なしで突撃してしまいまして、「炮烙(ほうらく)」という厄除けの行事や壬生狂言が無料で観れるものだということも初めて知りました。日本においては、神様や仏様のことはあまり堅苦しく考えない方が、長い目で見て見識が拡がるのかもしれません。

明日には豆を買ってきて、節分を楽しもうかと思います。と言っても、奥さんは食べないので、一人で豆を肴に日本酒を飲むのが最近の節分。最初こそ歳の数を意識しますが、後はもう酒の進むまま豆を口に入れていくだけ。鬼も呆れて通り過ぎてくれるといいんですけどね。

おなかのなかにおにがいる (ひさかたメルヘン 32)
おなかのなかにおにがいる (ひさかたメルヘン 32)
そういえば、今日昼過ぎにゴロゴロ言ってたなぁ…。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:日々の暮らし
  • 関連するタグ:

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です