IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

亀、雪だるまと遭遇。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

大寒を前にして、珍しい雪模様。

京都では数年に一度くらいの規模の降雪となりました。昨晩から深々と降る雪に、亀たちにも雪を見せたいと張り切っていたウチの奥さん。しかし、冬場の亀たちはぬっくぬくの温水暮らし。外に連れて行くのは寒すぎる。そこで雪だるまをこしらえて、目の前に持っていくことにしました。

反応は三者三様。おはぎはじっと見た後、手元を確認。そうだね、ご馳走はいつも手の上に載せてるからね……。結局、嫌な予感でもしたのか、後ずさっていきました。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

よもぎは興味津々。食べられるかどうか考えてる模様。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきはビビッて目を合わせてくれません……。

ベランダからの雪景色

外を歩けば至る所に雪だるま。明日の朝までは断続的に雪が降る模様。京都はこの雪がたぶん今冬のハイライトで、これからゆっくりと春に向かっていくことになりそうです。

 

はるのゆきだるま (日本の絵本)
はるのゆきだるま (日本の絵本)
雪だるまと亀の、見た目の相性の良さ……。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“亀、雪だるまと遭遇。” への2件のフィードバック

  1. すみこ より:

    こんばんは。
    名古屋、鳥取に続き、午後には京都で雪が降ると昨日の朝ニュースで流れていたので心配しておりました。
    返って楽しい出来事にしてしまうのはIHANOYAさんならではですね(^-^)/
    私は横浜在住ですが、今夜は0度をきりました。
    帰り道は暖房は点けて来たものの、気が気じゃありませんでした。

    こんなに春が待ち遠しいのは初めてかもしれません(>_<)

    • iha124 より:

      ありがとうございます。ご心配をおかけしました! (^^ゞ
      実は、土曜日には大雪の降る滋賀県北部を車で走っていまして、
      それはそれは冷や汗ものでした……。
      なので、日曜日は何もする気が起らず自宅にこもり切り、
      窓に降る雪を眺めつつ、亀たちとたわむれていたのです(笑)。

      そんな我が家では、ヒーターやら保温電球やらが少し怪しい雰囲気を出してきました。
      なんとかこの冬は越えてくれないかな~と目下祈っているところです(汗)。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です