IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

よもぎ脱走未遂。

ミシシッピニオイガメの「よもぎ」

たった今のできごと。脱走失敗なう。

水槽の辺りからゴトゴトと音がするので、奥さんが様子を見に行きました。するとそこには、植木鉢の上に乗って、こちらを見ているよもぎが。

よもぎは我が家で一番の食いしん坊。おはぎのように機嫌に左右されることもなく、あずきのように環境の変化に敏感なこともない。ひたすらエサのことを考え、スキあらば突進するのが信条です。植木鉢の上で、奥さんが来たことに気付いたよもぎさん。もう、チャンス到来とばかり勢いよく前進してきます。頭の中はエサのことで一杯。ガラスの壁面に手を掛け、水槽のフチに手を伸ばし、首までは外に出た、もうすぐもうすぐ……!

そこでズルッと落ちました。

惜しい。まだちょっと体の大きさが足りなかった……。
いやいや、あの方向に落ちていたら下にはあずきがいるし、水槽を登るのが癖になってもらっても困ります。さっそく横置きにしていた植木鉢を縦置きに変更して、上にあがれないようにしました。

最近植木鉢の端に手を掛けるようになっていたから心配はしていたんですが……。今日のところは僕らがいる前でのできごとだったので、よかったです。

みんな順番に大きくなって、順番に同じことを経験していくんですねぇ。

 

空腹力 (PHP新書)
空腹力 (PHP新書)
よもぎのハングリー精神。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です