IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

20数年前の自分へ。

ビックリマン箱買い。

生まれて初めてのビックリマン箱買い

いや、あのお菓子が無性に食べたくなりましてねぇ。いまだにシールを集めてるわけじゃないんですけど、あのお菓子が!サクッと歯ごたえのあるウエハースにフワフワ柔らかいチョコレート、そしてプリプリしたアーモンドの入ったあのお菓子が!
子供の頃はシールに夢中で気にも留めてなかったけど、非常によくできたお菓子だと思うのです。シールなしで売ってくれてもいいくらい。

ところで、ビックリマンって最近関東でしか売ってないんですね。京都と滋賀で探したけれどどこにも売ってなくて、結局通販で買わざるをえませんでした。なので、必然的に箱買いです。しかしまぁ、ビックリマンも一袋80円ですか。デフレデフレと言うけれど、ポテトチップスは中身が少なくなった気がするし、きっちり値上がりしてるものもあるんですねぇ。

ビックリマンが流行っていたのは、僕が小学2年生?3年生くらいのことでしたし、当時はせいぜい2袋買うのが精一杯でした。箱買いという話はありましたけど、何か特別なツテや運を持ってる人だけができるズルいやり方だと思ってましたよ。まぁ、真相は分かりませんけどね。ただ、今こうして気軽にポチッと箱買いできるのはさすがに嬉しくて、モニタの前で1人「どや顔」してしまいましたが。

毎日1?2袋ずつ開けて、少しずつ楽しんでいこうと思います。ヘッドが出るかなぁ。わくわく。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:日々の暮らし

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です