IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

1週間目のあずき。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずきがやってきて1週間。

飼い主が所定の位置に来ればエサの時間だと分かって近寄ってくるし、エサくれダンスも披露するようになって、我が家に馴染む早さに驚かされっぱなしです。この子が特別たくましいのか、僕らがミシシッピニオイガメの子の扱いに慣れてきたのか……、どちらにしても元気のいい子が来てくれたことに感謝するばかり。

驚くといえば、この子はとにかく登るのが好きらしいということ。水棲ガメ(大半を水の中で過ごす亀)であるミシシッピニオイガメには、「水から出て甲羅干しをする子」と「全くしない子」の二種類がいるらしいです。「らしいです」というのは、おはぎもよもぎも、どちらも甲羅干しをしない子だから。登りやすいように適当な陸地を用意しても、2匹とも一切登らず、かえって邪魔そうにしていました……。だから、「甲羅干しをするミシシッピニオイガメ」の存在については、半ば都市伝説のように考えていたんです。

それがあずきはウチに来た次の日に横置きのろ過機に登り、さらに三日目には切り立った岩山(石ころ)に登頂するアグレッシブさ。この前までよもぎが使っていた浮島を入れてやったら、朝方はその上に登ってじっとしているようです。ひょっとすると今は好奇心で登ってるだけかもしれませんが、このまま甲羅干しが習慣になっていったら、おはぎ&よもぎとはちょっと違う生態が見られるかもしれません。楽しみです。

そんなあずきのご紹介がてら、またしてもGIFアニメを作ってみました。ウェブカメラ越しなので画質はよくないですが、岩山に登ってる様子はちょっと見ものです。

ミシシッピニオイガメ「あずき」の大冒険

あずきのチカラ 首肩用
あずきのチカラ 首肩用
あずきは首肩にもいいらしい……。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ: ,
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です