IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

腕毛と信じたい。

ヨーロッパ軒。

日帰りで里帰りした奥さんが、さらにちょっと足を伸ばして行ってきたのは敦賀の有名店「ヨーロッパ軒」。ソースカツ丼が人気の、名前そのまんまの洋食店です。

お義父さんがお土産にと、そのソースカツ丼を買っていただいたそうで、それが夕食に出てきました。

ご飯の上にドンと並んだトンカツは、それぞれ部位が異なるので違った食感を楽しむことが出来ます。ソースは意外に甘めの味付けで、白ご飯にたっぷり絡んでいるのにしょっぱくなく、絶妙な味わい。アクセントの小梅の酸っぱさとソースの甘さがバランスよくて、そりゃもうパクパク食べられてしまうのです。この、なんとも懐かしいアルミの弁当箱もいい味だしてますよね。

ただ、何故か僕のにだけ毛が2本混入(しかも1本は縮れ毛…)していたのには、自分の生まれ持った運命(さだめ)を感じずにはいられません。ええ、私はカフェ・ベローチェで、殻入りの卵サンドウィッチを4度引き当てた男ですから。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:日々の暮らし

関連記事

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です