IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

泳いでみたら泳げたこと。

泳いでます。

ワイキキビーチで犬かきしていた男が、今やプールでクロールしてますよ。

きっかけはハワイで泳げなかったのがショックで…ということでは全然ないです。ジムでの筋トレ+有酸素運動のダイエットに飽きてた頃合に、同じジムに通う友人からプールを使ってみようとのお誘いがありまして、乗っかってみたという流れです。友人も泳げなかったので、30半ばのおっさんが2人してビート板にバタ足というところから始めました。僕自身バタ足するのも20余年ぶり。

その20余年前、僕にもクロールで25m泳げた時代がありました。それでもプール特有の息苦しさと鼻の痛さ(色々当たり前)がどうにも好きになれず、以来カナヅチとして過ごしてまいりました。それでも体は覚えてるんですなぁ。クロール出来るかな?と思って手を動かしてみたら、案外進む。で、息継ぎも出来るかな?と思って顔を上げてみたら、案外空気吸える。あれよあれよと、足を付けずに25m泳いでしまいました。

もうね、出来ると分かれば楽しくなるのは当然ですよ。以降、平泳ぎしてみたり、背泳ぎを試してみたり、25m泳いだら反転して50mに挑戦してみたりと、自分のペースで少しずつ出来ることを増やしていきました。今はクロール+平泳ぎで1000m泳げるところまで来てます。ワイキキでもきっと泳げるはず。みんながサーフィンをする中、浅瀬を華麗なクロールで横切ることなら出来るはず!

さて、ここで改めて思い知ったのが、自分がいかに「独学」しか出来ないか、ということだったりします。義務教育に良い思い出なんてないし、プール教室も嫌いだった。どうにも、場所と時間とペースを強制されて「教わる」というのが苦手です。ある程度の年齢になり、そういったものから開放された今、「自分のペースで学ぶ」というスタンスがあれば出来るようになることって、結構あるんじゃないかと思い至りました。

今更泳げるようになった僕は、今更なことに気づかされています。
Cicada
Cicada
2曲目「pool」はイントロだけで「遠くの夏」を感じられる名曲です。でも、一緒に「STRIPE!」(スキーの歌)も入ってるけどね!

 

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:日々の暮らし

関連記事

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です