IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

横たわる物体。

寝る海獣。

クリスマスにも海遊館に来る夫婦。

このところ、肩に力の入る日々を過ごしておりましたんで、こんな風に「なすがまま」な感じで捨て置かれてみたいなぁとも思ったり。

すると途端に、いやいや、一家の主がそんなことでどうする、と自分を一喝してみたり。

そんな感じで、自分のお尻を叩きながら過ごす年の瀬となりそうです。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:日々の暮らし
  • 関連するタグ:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です