IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

我が家の、亀の選び方。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

あずき、最新のエサくれスタイル。

冬になりまして、そこいらのペットショップでもよく亀たちを見かけるようになりましたけれども、そうなるとやっぱり、「この中で連れて帰るなら、この子だなぁ」なんて水槽を見ながら考えてしまいます。

ウチの一番最初の子であるおはぎは、2匹の中から選ばれて我が家に来ました。あの時は選ぶ基準も分からず、きっちり甲羅に入り込んで防御態勢をとる姿がかわいかったのが決め手でした。だけど、おはぎは我が家に来ても警戒態勢のままで、水にも入らず、エサも食べない状態が続いたんです。あの時、様子が気になるおはぎの水槽を、あえて物陰に移動させる決断ができてなかったら、今頃おはぎはいなかったかもしれない。知識が少ないままにおはぎを連れてきたことで、大きな山場を迎えていたんだなぁとゾッとします。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

そんなわけで、あれから我が家には亀を選ぶときの判断基準ができました。

亀を診てくれる病院はあまりないので、とりあえず元気な子が望ましい。じっとしていたり、スヤスヤ寝ている子より、スイスイ泳いでいる子をまずは優先します。あとは、人に対して警戒心がない子の方が、環境の変化に強い気がします。そのため、僕らの方を見てきたり、さらには近寄ってくるような子がいれば、最優先にすることにしています。よもぎとあずきは、そうして我が家に来ました。
元気のない子や弱弱しい子はなんとかしてあげたいという気持ちにもなりますが、自分たちの経験値で育てられそうか、というのが一番大事なんじゃないかと思っています。

もちろん、これは我が家の基準。どの子を選ぶかは人それぞれ。好みやインスピレーションで決めるのもアリだと思います。なので、この話はあくまでも参考程度に。

おはぎのように臆病な子も、下の二匹のようにガンガン来る子も等しくかわいい。そう思えるのは、最初の山場を無事超えられたからこそなんだ、と肝に銘じる今日この頃です。次の亀を選ぶ機会は、まだまだ先のことでしょうけど……。

 

ニオイガメ、ドロガメの医・食・住
ニオイガメ、ドロガメの医・食・住
おすすめ本。早く重版されてほしい……。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“我が家の、亀の選び方。” への4件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます(^-^)/♪
    カメを飼おうと思った頃を思い出しました~3

    最初、最寄のペットショップで下見をしましたが、水深2㎝の水槽の中びっしり流木に登っているミシニを見て、素人ながら違和感を感じました。
    そこで水深20㎝以上の環境で飼育しているペットショップを探したところ、大型スーパーの2階にある小さな水槽生物専門店でカブニといっしょに泳いでいるミシニを見つけました。
    「ここだっ」と思い、後日迎えに行ったものの驚いたのは、熱帯魚などと同じように、ビニール袋に空気とたっぷりの水を入れ、輪ゴムでしばって「はいっ、傘売り場の隣のレジで会計してくださいね」と手渡されたことです(笑)。
    溺れないのか心配でしたが、それだけ元気な証拠、結果的に衝撃を受けずに持ち帰るには良い方法だったのかも知れません。
    今では良い思い出です(*^.^*)♪

    IHANOYAさん家のカメさん達が魅力的だったので飼い始めた私としては、こうしてコメントをやり取りさせていただくのは嬉しい限りです♪
    本当にありがとうございます(^人^)。

    • iha124 より:

      こちらこそ、いつもコメントありがとうございます!

      売られているときの環境は成長後も影響を及ぼすことがあるようなので、
      色んなお店に見に行くことはあっても、連れて帰ってくるのは特定のお店に決めています。

      ちなみにウチの子たちは、スーパーで揚げ物とかを入れてある使い捨てタッパーに
      濡れティッシュを敷いたものに入れられ、レジを通ってきました(笑)。
      水に浸かってもないですが、なんとかなっていたようです……(汗)。

      連れて帰ってくるときの、あのソワソワした感じ、もはや懐かしいですね~。

      • すみこ より:

        わかります~(>_<)∴
        当時 寒い日だったのでお腹に大事に抱き抱える様にして電車で持ち帰ったのを覚えています。
        予めセッティングしておいた水槽で初めて○んこをしてくれた時は、何故か嬉しい気持ちになりました。
        今ではタイミングの悪い時に(水替えしたばかりとか、出勤直前など)○んこをしてくれるとトホホな気持ちになりますが(笑)

        • iha124 より:

          う○こはホント、所かまわずですよね。
          まぁ、気持ちよくて出たんだね、と好意的に解釈するように努めてます(笑)。

          水を入れたビニール袋で、電車で抱えて帰るって実際大変ですね……(汗)。
          ウチは車だったので、電車だったらあきらめてたかもしれません。
          そういう面でも、それぞれご縁があったということなんでしょうね。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です