IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

亀なんかよんでもこない。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

まぁ当たり前ですけれども。

そう。亀を飼ってみたいな~とお考えの方には夢のない話で恐縮ですが、水棲ガメは名前を呼んだところで振り向いてはくれません。「水棲ガメは」と書いたのは、陸ガメは反応したという記事をどこかで読んだことがあるからなんですが、事実であればうらやましい限り。そもそも水棲ガメは群れで行動するものではないですし、自分と他人を区別する必要性はないんでしょう。

そんなわけで、実際のところ亀とコミュニケーションをとるのは難しいものです。

しかし、とりたい。意思疎通を図りたい。「おはぎ、ご飯だよ」と言ったら「おお、ご飯か」と反応してほしい。だって、家族ですから。

そこで実はワタクシ、昨年から地味な取り組みを続けております。エサの時間に何も持たないまま亀たちの前に座り、口パクで「ご・は・ん」とやってからエサを見せる、というものです。なんというか、涙ぐましいでしょう?

実際のところ、よもぎもあずきもそれどころじゃないという感じで、全力でエサくれダンスです。ただ、おはぎだけはちょっと違う。この子はビビり屋さんなので、僕が前に座っても、エサなのかどうか見定めようとしていることがあります。頭を上下させて、僕の顔と手元をせわしなく見比べたり。
それでもたまに、口パクをやった後にエサも見ないままエサくれダンスを始めることがあるんです。もちろん、今のところは偶然かもしれません。手元のエサがチラッと見えたのかもしれません。

それでも!
タオルの柄だけで水替えを察知できるようになったおはぎならば、いつかは分かってくれるんじゃないかと期待しています。大事なのは途中でやめないこと。ウチの子たちの学習能力を信じて、僕は明日もまた亀を呼ぶのです。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

 

猫なんかよんでもこない。 (コンペイトウ書房)
猫なんかよんでもこない。 (コンペイトウ書房)
タイトルの元ネタ。猫ですら呼んでも来ません。

LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

“亀なんかよんでもこない。” への8件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます(>_<)♪
    凄く共感出来ますっ(笑)
    私も「モジなん、モジなん」と呼び続け、偶然にも振り返りしげしげ寄って来たらエビを三、四匹あげるようにして条件反射に期待する日々を送っております。
    モジーの場合も水槽の前に干しエビの入った筒をおくと、必ずその前に寄ってくる(カメプロスではあまり反応しません)わけですから、何をか認識しているのだと思います。
    いつか涙ぐましい努力が、日の目をみるといいですねぇ(*´ω`*)~3

    • IHANOYA より:

      寄ってきてくれるのって、うれしいですよね~。
      ウチの場合、寄ってきた後はたいてい方向転換してどこかへ行ってしまうのですが(笑)。

      日頃の様子を見てると、この子たちなりに地道に学習してるのがすごく分かります。
      その学習能力に賭けて、気長にやっていこうと思います。
      彼らからの意思表示も今はエサの催促と水替え後の抗議くらいですが、
      いずれは「水に戻りたい」とか「遊んでくれ」とか態度で示してくれたらいいなぁ
      などと夢は広がります……。

      • すみこ より:

        こんばんわ(・∀・)人(・∀・)
        わたしも意思の疎通が少しでも図れればいいなぁと思いながらいるものの、肝心なモジーが求めていないのではと、お互いの程好い距離感について模索中です。
        なんだか私より、モジーの方が色んな面で達観している気もしている今日この頃です(´・ω・`)

        • IHANOYA より:

          確かに、亀は本来孤高の生き物ですからねぇ……。
          あずきは眠い時など「ほっといてくれオーラ」を出してますし、
          よもぎはエサを求めていつでも寄ってきたり、おはぎはかなりの気分屋さん。
          亀によっても距離感が変わってきそうです。
          まだウチも3年あまりですから、今後、亀たちが時間とともに
          環境に馴染んでいってくれることに、わずかな望みをかけています(笑)。

  2. マロン より:

    すごくよくわかります。タイトルだけで大笑いしました。ミシニあるあるですねー(^.^)

    • IHANOYA より:

      コメントありがとうございます!
      亀と暮らし始めの頃、そもそも呼ばれてることすら分からないらしいことに
      ずいぶん落胆しました……。でもそうやって、気ままな亀との付き合い方に
      慣れていくんでしょうね(笑)。

  3. 黒目来 より:

    うちの子はレプトミンの緑のボトルをみるとエサくれダンスをします。ボトルの色なのか形なのか。エサを朝夕二回と決めているのも手がかりにしているのかもしれません。
    えさ以外の場合は、水槽の前で指を動かしたりすると、口を開けて突進してきますが、私が変顔してもじっとこちらをみているだけで反応はありません。動きが細かいのはわからないのかなあ?と思っています。

    • IHANOYA より:

      コメントありがとうございます!
      エサに関してはウチと一緒ですね。(*^^*)
      とくにおはぎはレプトミンの容器と乾燥エビの袋を覚えているようです。

      変顔っていうのも面白いですね(笑)。それでいうと、僕が口にマスクを着けていたり、
      奥さんが顔にパックをしていても、亀たちはとくに反応してないですね……。
      あの子たちに世界がどう見えてるのか、不思議でなりません。(。-`ω-)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です