IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

亀たちも冬の装い。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

まさかの4回連続おはぎ祭り★

念のために書いときますと、上の画像はおはぎが二匹いるんじゃなくて、水槽のガラスに反射しております。

さて、いよいよ保温電球も設置し、亀たちの水槽は完全に冬仕様となりました。同時に我が家では「リビング」と「亀たちの部屋」のレイアウトを変更することになりまして、そのせいで水槽の場所も変えることに。これまで不変だった北向きの配置から東向きへと90度変更になって、亀たちの目にする風景も変わりました。

そうなると、変化に弱いおはぎさんが問題です。今日もただでさえ水換えで機嫌が悪いのに、いつもと勝手が違うとあって、なかなかお怒りがおさまりません。こうしてフィルターの下に隠れて、壁の方を向いたままじっと動こうとしないのです。

今回は長かったですよ。1時間近く、このまま粘っていました。息継ぎとか心配になるレベルです。しかも、ただスネてるんじゃなくて、顔はシッカリこっちに向いているというのがポイント。これは抗議の意思表示ですね。それでいて、こっちが近づくと目を合わせないんです。どこでそんなやり方を覚えたんでしょう……。

まぁ、今回のレイアウト変更は、現状で亀たちに少しでも快適であるようにと考えた結果でもありますし、慣れてもらう他ありません。ただ、環境が変わった中で、3匹がめいめいにどう対応していくか、それも楽しみではあります。

 

ふつうの住まいでかなえる外国スタイルの部屋づくり インテリア垢抜けテクニック50
ふつうの住まいでかなえる外国スタイルの部屋づくり インテリア垢抜けテクニック50
「模様替え」と「衣替え」をほぼ100%言い間違える私です。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ: ,
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

“亀たちも冬の装い。” への2件のフィードバック

  1. すみこ より:

    おはようございます♪(^o^)/
    ウチもIWANOYAさんが工夫されてるのを見て、昨年も今年も「保温電球」使わせていただいています。お蔭様でちゃんと自然界に近い環境を作ってあげることが出来てとても助かっております♪
    光を発しないで空気中を温められるというのは本当に優れものですね(^-^)bアリガトウゴザイマス♪

    先日、アクリル板とL字金具、長めのネジ、人工芝を使いDIYに挑戦し、浮島に代わる、水槽に引っかけるタイプのバスキングスポットを自作しました。我ながら良くできた代物だと意気揚々設置したものの、異物と判断しているのか、まだ慣れていないのか、今のところ登っている様子がありません(T_T)
    カメのことを思ってしたのに報われないことってありますよねぇ…。

    • iha124 より:

      保温電球をお使いですか! これはありがたいですよね。
      昨晩はさっそくよもぎが植木鉢に登って、電球の下で熟睡していました。
      期待通りに使ってくれると本当にうれしいです。

      一方で、よかれと思ってやっても受け入れてくれないのがおはぎです(笑)。
      ヒーター以外の異物はなかなか許してもらえず、何度も心折られてきました……。
      あずきはというと、しばらくは警戒するものの、たいていは使うようになってくれます。

      ホントに、どこのミシニさんも一匹いっぴちゃんとポリシーがあるようで、
      そういうのもかわいらしいなぁと思いますね~。(^―^)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です