IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

スルメ車。

我が家のスプー。

スプラッシュがウチに来てからぼちぼち一年が経とうとしています。

春とか秋とか、穏やかな日にはいまだにロードスターが恋しくなりますが、その一方でやはりスプラッシュも非常に愛しい存在になってきました。奥さんも気に入ってくれているようで一安心。さらには、たまに奥さんが友達のところまで乗っていったりするんですが、そこでも割に好評のようですよ。

長く乗ってみて分かったことは、何より疲れないってことですねぇ。シートの座面の面積が大きいからなんでしょうか、降りてから伸びをすることがなくなりました。

特にパワー不足と感じないし、もちろん狭さも感じないし、デザインは見飽きないし、これは長く乗れる条件を満たしてますね。

発売から一年以上経過して、徐々にオーナーも増えてきたようです。最近では1ヶ月に1台くらい見かけるようになりました。まぁ、それで驚くレベルなんですけれども(笑)。スプラッシュ同士ですれ違うときは、たいていお互いが意識してますねぇ。

さてさて、かようにべた褒めしているわけなんですけれども、気になることもないではないのです。クルマのことはたいして詳しくもないので下手なことは言えませんが、ちょろちょろっと書いておきますね。

【小回りが利かない】

これはもう、コンパクトな見た目とは裏腹に回転半径がでかいでかい。Uターンする時はいつもヒヤヒヤしてます。

【時速30km以下で急にエンジンブレーキが利く】

徐々に減速していくと、突然ブレーキの利きが強くなったような違和感があり、カックンブレーキのような状態になります。

【メーターパネルの時計が遅れる】

今はもう20分くらい遅れてます。直すにはメーターパネルのシステムを初期化すればいいんだそうですが、走行距離の表示も初期化されてしまうということで諦めました(あくまでも表示だけなので・笑)。

まぁ、どれもこれも、スプラッシュに出会えたことを思えば些細なモンでしたね。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:日々の暮らし
  • 関連するタグ:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です