IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

おはぎの表情。

ミシシッピニオイガメの「おはぎ」

じー……。

あずきにエサをあげてたら、なにやらねっとりした視線を感じました。ふと顔をあげると、おはぎがこの顔でこちらを見ています。エサくれダンスをするでもなく、暴れるでもなく、ただ見てるだけ。でもどうでしょう、この表情。これだけで何を言いたいか充分伝わってきます。「小さい子がご飯をもらってる……。こっちには誰もこない……。どういうこと?ねぇどういうこと?」

おはぎ、顔だけでエビを一匹ゲットしました。本当はあげるタイミングじゃなかったのに、この無言のアピールにはなかなか勝てません……。こういうときはよもぎも便乗で一匹もらえますから、おはぎは頼もしい先輩です。

おはぎの機嫌の良し悪しは、だいたい顔つきで分かります。鳴くことはできないけど、それを補ってあまりある表情の豊かさ。それを僕らが愛しく思ってついついエサをあげてしまうから、おはぎの表情はますます豊かになる一方なのかもしれません。

 

ちいさなどうぶつ刺しゅう: ワンポイントがかわいいポーズと表情400ステッチ
ちいさなどうぶつ刺しゅう: ワンポイントがかわいいポーズと表情400ステッチ
亀に表情があるとは思ってもみませんでした。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です