IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

あずきと高いところ。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

固まるあずき。

あずきは小さいころ、高いところに登っては落ちる、ということを何度も繰り返していました。落ちるのが楽しいのか、上まで登りたいのに途中で落ちてしまうのか、それは分からないままでしたが、ともかく登る行為は好きなんだろうな、ということは分かりました。
最近はあずきも体重が増えたので、登るにしてもある程度の重さがあるものでないと、あずきごと倒れてしまいます。登れるほどの高さがあって、ある程度重くて、倒れにくい安定感があって、かつあまりスペースをとらなくて、水槽にも負荷が掛からないようなもの……ということで探してみても、欲張りすぎたか適当なものはなかなか見つからず。最近は高いところに登るあずきを見る機会がありませんでした。

そこで、よもぎにならってあずきを植木鉢の上に乗せてみたんですが……、結果はこの姿勢のままずっと固まっていました。自分で登ったのではなくて置かれただけだから、状況が呑み込めなかったのでしょう。あるいは、成長して怖いものが分かってきたのか……。

結果、カメラが水槽の端に触れてしまった際に、振動に驚いてお尻から水にドボンと落ちてしまったのでした。悪いことしたな……ごめんなさい……。

 

症状別 神経症は治る〈1〉外出・乗車・閉所・高所・尖端恐怖症編
症状別 神経症は治る〈1〉外出・乗車・閉所・高所・尖端恐怖症編
僕自身は筋金入りの高所恐怖症です。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ:
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

コメントは承認制となっています。最初の投稿は反映まで時間が掛かる場合がありますので、ご了承ください。なお、人を不快にさせるコメントは非表示とさせていただきます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です