IHANOYA

ミシシッピニオイガメと、ときどき家族。

あずき、タコツボを卒業。

ミシシッピニオイガメの「あずき」

夜遊びがバレて、固まるあずき。

前回ちょっと触れましたが、この子ももう生後10ヶ月です。自分で書いて改めてびっくりしてしまいました。確かに、ウチに来た頃の虫みたいな大きさの頃に比べれば、ずいぶん大きくなりました。甲羅も立派になり、とくに太っていたり痩せていたりすることもなく、順調と言えます。ただ、我が家では最初にやってきたおはぎが基準になっちゃってるところがありまして、同じ頃のおはぎと比べるとちっちゃいなぁと思ってしまうのです。一方でよもぎの同じ頃と比べるとそんなに違わないので、たぶんおはぎだけ成長が早すぎたんだという結論にも達するわけですが。なんでしょうね、この違い。性別とかが関係してるのかな?

さて、あずきのおうちと言えばタコツボ。上の二匹のお下がりではない「新築のおうち」を大変気に入ってくれていたわけですが、成長にともなって甲羅が大きくなりまして、いよいよタコツボに入れなくなってしまいました。あずきは自分が大きくなってることは分からないでしょうから、昨日まで入れたタコツボに入れないのが理解できない様子。そんな、現実と戦うあずきの様子を動画に撮ってました。

タコツボが好きなのはいいけれど、詰まったまま溺れられても困るので、おうちを植木鉢へ戻すことになりました。しかし今度の植木鉢は上の二匹と同じサイズにランクアップ。よもぎもちょうどこの頃におはぎと同じサイズの植木鉢にしたので、あずきもついに一丁前です。

スドー タコツボ 大
スドー タコツボ 大
大きいサイズもあるんですが、45cm水槽には大きすぎて……。

LINEで送る
Pocket

  • カテゴリー:ミシシッピニオイガメ
  • 関連するタグ: ,
お読みいただき、ありがとうございました。
更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です